美徳

昨日、私学助成金についての大会に出席。

時期が時期だけに、来賓の先生様様の言葉は選挙演説に近いものがあった。しかも「助成金は当時の細川氏の時、つまり今の小沢氏が率いる党の時代に引き下げになった・・・が、わが党が与党に復帰してから、私をはじめとして助成金確保のために努力してきた。・・・今後もお誓い申し上げる」と。ここで誓われても・・・ご苦労様。

助成金がそんな大きな問題になっているということ自体、不思議というか不健全に思える。(票)田の稲の一本と思われて座っていたのかと思うとこれまた・・・。あと気になったことは、ある来賓が、ご行啓に触れ、その直後に政治がらみの話をしたことだった。利用できるものは全て利用する・・・そんな姿勢は如何ともしがたい。

私学に行きたくても授業料が高いから諦める子ども(家庭)がいるという言葉があったが、それはどうか?何か矛盾を感じた。まぁ役員のかたの努力を思うとそんなこと大きな声ではいえない。そればかりじゃないのだろうから。でもちょっと気になった。帰路、ご一緒したかたのお気に入りの店でいただいた美味しい和栗のモンブランでモヤモヤした気持ちが一掃された。

今日はなかなかの一日だった。
まずオペラ歌手Maki Moriさんのご家族(Babyも含めて)とご一緒に写真を撮らせていただく機会を得た。Babyは美男子の予感ありあり♪もちろんMakiさんも美しい。11月からもう舞台に復帰とのこと。ということは、まずはドレスデン、そして「愛の妙薬」かな?楽しみ。

そういえば、ネトレプコとヴィラソンの「愛の妙薬」はよかった。オペラ歌手も、あそこまでの演技力や表現力、縦横無尽に動きまわれるような軽やかさ、芸ができる人が出てくるとは!「清教徒」のネトレプコも驚異的な運動量だし、デセイのルチアにしても、なかなかな時代だと感じる。

そして、フランスの教会をめぐられたかたのお話を伺えた。変わらないことを美徳とする国。地域社会に息づくカトリック教会の具体的な活動の話は、人として、共同体としてごくごく当たり前な姿勢だった。教会共同体という言葉そのものだ。・・・が、これをわが教会で行うとなったら一大事になるであろうと感じ、一抹の寂しさを覚えた。

ゆるぎない伝統、時代の移り変わり、不変と変化・・・そんなことを感じた次第である。
by lakeforest | 2008-10-19 18:16 | 雑感

日々のできごとを、訪れた方々と分かち合えたら・・。( 本ブログの文章、データ等の無断転載、使用はおやめください。)


by lakeforest
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る