酔った勢いでの備忘録

昨晩、卒業式の練習を終えた息子がポツリと一言。
「卒業っていうのは、大好きな漫画の最終回を迎えるようなものだネ」と。

いよいよ、最後か…結末が知りたい、でも終わってしまうのは寂しい。
というところだろうか。

3月はどうも情緒不安定になりがちだ。
別れの季節だからだろうか。

今日、今月末で職場を辞める同僚の送別会があった。
道すがら、彼女の屈託のない笑顔を見ていたら、涙目になってきた。

あぁ、歳だなぁ。

昔、笠置シヅ子という歌手が、家族そろって歌合戦という番組で審査員をやっており、子どもに弱く、涙もろかったような覚えがある…なぜ、今思い出したのかよくわからないが…。もとへ。

この気持ち、きっと妹を嫁に出す姉の気分かもしれない。
とても嬉しい、でもちょっぴりさびしい。

他人にそのような思いを抱くのは、生まれて初めてのことだ。
それだけ、知らず知らずのうちに、彼女にとてもお世話になっていたのだろうし、成長させてもらえた相手だったのだ。

「いろいろあったけど、私はクビになるまで、この職場で頑張るつもり…」と彼女に言いたいところだが、それも難しいかもしれない。先日、社会保険事務所に行き、過去の照合を待っている列を見て、つくづく思った。「もう年金をもらえる年齢に近づいているじゃないか…」と。うん、これ現実。

それから、同級生のフラダンス教室での話を聴いて、その時は何故?と思っていたことが今、わかったような気もした。「何だか知らないけど、年下(特に30代)にいじめられているのよ。私たちは根本的に、何不自由なく育った優しい世代だからかも…」と。

本当にのんびり世代なのかもしれない。
バブルも経験した時が、蝶よ花よ・・・の年代だったのだから…その分、今苦労しているけど…。

と、とりとめもなく、送別会を終えた気持ちを書きつづった。
いやー、歳をとると、漫画の最終回にいつまでもしがみつく。新作になじむには時間がかかるものだょ。


今むしょうに聴きたい曲:


[PR]
by lakeforest | 2012-03-13 21:27 | 雑感

日々のできごとを、訪れた方々と分かち合えたら・・。( 本ブログの文章、データ等の無断転載、使用はおやめください。)


by lakeforest
プロフィールを見る
画像一覧