大事なこと

昨日、レポートを提出。
今回のレポートは、2日で仕上げた。しかも、参考文献は2冊…少なッ。まぁ、教授が書いた著作物を入れたら3冊…それでも、申し訳ないほど少なぃ。レポートは、講義内容の理解と自分の考えの発信である。致し方あるまい。そして今まさに、秋に向けての死生学のレポートに取りかかろうとしてる。

拙レポートのベースとなる視点は「豊かな人間関係」である。
どの科目においても、同じである。

そんなことを尤もらしく述べているけれど、現実は…orz.
何となくストレスフルで、ひきこもりたい感じだ。

仕事は、物理的に忙しいというより、頭をつかう部分を変えなければならないことが、忙しいという思いを生み出しているような気がする。ちょっと変な言い回しであるが、右脳メインと左脳メインの作業の切り替えが大変という感じ。今週から英訳に入るので、それもまた気を使う。

職場の節電対策、これもまた考えさせられる。前年度比60%強。
具体的な節電、室温管理のほかに、ノー残業デーなどで、全館で協力して無人になるように務めたり(←セントラル管理なので、全館一致というのが効果的)、様々な工夫をしている。いままで、いかに有限な資源を知恵を絞らずに使ってきたことか!

まぁ言い訳として、数年前から、部会の際に、環境を考えるチームが設置されている我が部(階)だけでも、トイレのペーパータオルの撤去を提案し続けてきた。(←却下され続けた)今回のことで当然全館、ペーパータオル廃止となった。

そういえば、提案したことが、受け入れられないことが多かった(←ストレスフル)。それは、私の言い方に問題があるのではないかと感じるできごとが数日前にあった。なぜなら、私が提案し続けたことと同じことを、他の人が提案したら、なんと、すんなりと受け入れられた(←ストレスMAX)。どういうことだ?

そういうストレスが、つもりつもっているような気がする。

未曾有の震災は、被災地以外の私たちの日常に、大きな影響を及ぼしている。
とくに、私たちは援助部門におり、ただでさえ少ない人数で、チームのように仕事を行っているので、一人ひとりが、自分の仕事を頭、心、身体を使い、効率的にきっちりとこなすことが求められる。(←援助金も、私たちの給与も、寄付金によってまかなわれているということが大きな要素だ)

効率重視ではないが、根底には、私たちの財源がどこからきているのかということを肝に銘じて働く必要性がある。平時には自制心がものをいい、有事には効率性や合理性も求められて当然である。頭、心、身体を使うのであるから、力を温存するという面からも、効率的で合理的であることは大事だ。

そして、重荷を感じたら、シェアして皆でこなしていくこともまた必要である。そのためには、チームとしてのお互いの尊重と信頼が欠かせない。それこそ豊かな人間関係が基本となる。私としては、どんな時も気持ち良く働きたいと思って努力しているつもりだ。

なのに、危い状態というのが本音ではないだろうか。

人間は、制約や不便なことがあると、より知恵を使い、工夫や創造性を高める。
そして、休養も必要だ。心身のリフレッシュによって、余裕を生み、効率を高める。

さて、あと1日、ゆっくり休養しよう。
気持ちよく働けますように…。
[PR]
by lakeforest | 2011-07-23 23:16 | 雑感

日々のできごとを、訪れた方々と分かち合えたら・・。( 本ブログの文章、データ等の無断転載、使用はおやめください。)


by lakeforest
プロフィールを見る
画像一覧