やっと

思えば1カ月前。
老年学のレポートに取りかかろうとしていたんですねぇ…。
昨日めでたく提出しました070.gif…しかし…遅ッ…orz.

大きな蜘蛛の巣状態で、ウィービングしていきましたが、結果的には文献約20冊と参考論文10部の中から、自分の今の活動に繋げて書き上げました。

とにかく今回は、2500字程度というのに、一気に掻きあげたら軽く6000字いってしまい、削除しているうちに、言わんとしていることがボケている気がして、文献を数冊再読。そして、切り口を一つに絞って(←つもり)書き上げました。もう少し、深く掘り下げた方が良かったかなと感じていますが、まずは提出してみて、どのような感じなのかを待ってみたいと思います。

何せ、テーマが「家族変化」ということで、ジェンダー、ライフコース、親子関係、はたまた家族心理、家族社会学、経済学的見地など、様々な方向でアプローチができるので、まずは切り口を決めるのに、時間がかかりました。

でも大変勉強になりました。
老年学ということで、介護や老親扶養などについて書かれるかたが多いと思いましたので、ここは敢えて「家族の個人化」に決め、爆走した感じです。この原発問題もあって、ベック氏も来日しましたし、個人化とリスク化については、とても気になっていたので、それを家族に置き換えて考えてみました。

成績は乞うご期待(笑)

さて、今年は節電ということで、先月末でクラスは終了。
(その代わり、レポートが多いようです)。
夏休み中は、グループワークもあり、昨日も、別キャンパスの臨床センターに、グループメンバーで自主的に集まったのですが、何だか夏休みじゃないみたい…と。親元離れて一人暮らしの学生さんは「いつになったら帰れるのだろう」とぼやいていました。

そして、私は、レポート提出もしたことだし(まだ1本だけど…)、図書館の本を返却しておこうと、詰め込みました。読み終わったらすぐに返却して、次の文献を借りるという繰り返しだったはずが、いつのまにか増えていて、昨日だけで10冊一気に返却。身長がちぢむのではないかというぐらいの重さで、うでがしびれるくらいの量でした。

レポートの直しが入れば、もう一度借りなければならないかとも思ったのですが、とにかく次のレポートのためにも、まずは一旦返却した次第です。

今月は、できればあと2本仕上げたいと思っています。
今のところ、1月までに最低6本は仕上げねばなりませんので…。再提出を含めれば12本ですが…(苦笑)。
やっと1本提出したところですが、次に取りかかりますッ!…・といつものとおり、気合いだけは066.gif

ことしも暑くなりそうですねぇ。
今のところクーラーは1日も入れていない我が家です。電気代<治療費にならぬよう、熱中症対策も怠らず、節電に励もうと思っております。
[PR]
by lakeforest | 2011-07-07 00:03 | 雑感

日々のできごとを、訪れた方々と分かち合えたら・・。( 本ブログの文章、データ等の無断転載、使用はおやめください。)


by lakeforest
プロフィールを見る
画像一覧