1月もあと数日になってしまった。

数年前から、ある大学教授の文献や著作物を読み、ときどきブログも拝読していた。
彼の著作物に出合う時は、ナンチャッテ大学生な私である。それらを目にする時、その先生の自称弟子的気分で講義を聴いたつもりになり、先生の言わんとしていること、(先生の)研究成果やおっしゃることから、自分なりに次世代に向けて考えられることをとりとめもなくノートやファイルに書き込んでいた。

そして今日・・・・私が、いつも通おうか躊躇し、申し込みを逃してしまう講座がある研究所のHPを見たら、その先生が昨年に限り、その研究所の(単発)講座の講師に名を連ねていた。

なんとも言えない気持ちになった。

パン好きの自分が、色々なお店に通って、やっと、小さいけれどお気に入りな味のパン屋さんを見つけ、誰にも言わずに通い続けていたのに、ある時、TVで有名人のおめざ紹介で、そのお店のパンと店主が紹介されてしまった・・・そんな感じ。

ええぃ、みんなに知られちゃったか・・・でも、そのパン屋さんの変遷は、あなたより私の方が知っているんだから!でも、店主に会ったことはなかった・・って感じか。こうなったら店主に会わずして、そのお店のパンだけを愛しつづけるぞ・・・っていう悔しさ(爆笑)。

冗談はさておき・・・・落ち込んでいる・・・そう、器が小さい自分に。

=====
先々週、中学に入って初めて、息子の友人が遊びにきた。
3週連続、週1のペースで毎回、6-8人。

最初に我が家に来た友人の帰りがけの会話で、クラスで最も優秀であると言われているB君(T大進学率1番の有名校を体調不良で受験し損ねたと言われている)の名言を聞いた。

A  「明日も遊びに来ていい?」
息子「うん、いいよ」
B  「少し時間をおこう」
皆  「何で?都合悪いの?」
B  「いや、貴重さを味わおうょ」  と(涙)。

=====
「リーダーは、なろうと思ってなるものではない。結果として「なる」もの」
当たり前だ。
とてもしっくりとくる言葉であり、とくに、自分の周りを見まわすと切実に感じる。

=====
そういえば何年か前にどこかで読んだ・・active non-actionから抜け出すためのコツ。
 1.「視点」転換の機会を持つ
   ロボット心理学
 2.行動のスペースを認識する
   コアとスペースの認識
 3.組織の制約から自分を解放する
   脱、八方美人。「嫌われる」という勇気を持つこと

=====
いつになったら追われる感覚から抜け出せるのだろう。
充分な配慮をもって、自信を持って役割を果たしたいものだ。
とくに、仕事。

=====
このごろ夫婦の会話がおかしくなってきている(笑)。
というか、完全に論破されている。(つっこまれすぎ)
いや、私が譲ってあげているとしよう。

義母からは「昔からあなた達夫婦は対等によく議論する」と言われ、
友人からは、拙夫のリベラルさをうらやましがられ、
母からは「いつ離婚されてもおかしくない」と言われる(笑)。

別れるまでに、笑い飯的夫婦漫才を極めたいものだ。
=====

御後が宜しいようで。
[PR]
by lakeforest | 2011-01-26 23:49 | 雑感

日々のできごとを、訪れた方々と分かち合えたら・・。( 本ブログの文章、データ等の無断転載、使用はおやめください。)


by lakeforest
プロフィールを見る
画像一覧