人気ブログランキング |

姿勢:技術と表現

オケ部のオーディション(チャイコの弦セレ)が終了。

オーディションは初めてだったという。
今までは中学生全員で1曲、弦なら弦、管なら管で、一緒に演奏できていたものが、今年から、それがなくなった。皆、何故そうなったのか理解できないまま、試験一週間後にオーディション実施となった。

緊張し、途中で暗譜が飛んでしまった人、震えて上手く音が出せなかった人などいたようだった。娘も肩を落として帰宅し、結果もわからないのに「弾きたかったなぁ~」という敗戦の弁を口にしていた。

そして1週間後、奇跡的に「合格した!」と喜んで帰宅した。
不合格になった人もいる(しかも上手な人たち)というのを耳にし、「不」を見落としたのではないのか?と我が子に対して失礼きわまりない気持ちにもなった。

審査したコーチから、全体に向けてと、一人ひとりにコメントが寄せられた。
弦全員には、弦の人数が増えてきてしまったために今後もオーディション形式で乗り番、降り番を決めていくこと、オーディション以外の曲も含めて皆で誠実に取り組み、演奏に臨むようになどと書かれていた。

そして、娘には2点。音色と音程への取り組みが丁寧になってきていること、曲に取り組む姿勢が感じられるというのは上手くなってきたのかも・・という微妙だが的をついたコメントが書かれていた。

彼女の「弾きたい!」という気持ちが、拙い演奏にあらわれていたのだろう。
習っている先生の指導もあるが、これはひとえに卒業した先輩のおかげでもあろうと感じている。
卒業して大学生になった先輩とは今でもメールや手紙での親交がある。

以前にも書いたが、その先輩は身体が弱く、合宿にも参加できないことがあったり、本番直前に具合が悪くなり乗れなかったりしたことがあった。だからこそ、皆で演奏できることの嬉しさ、大切さ、そして感謝の気持ちを中学1年だった娘にそっと語ってくれた。娘が挫折しそうになった時も「一緒に演奏したい」という言葉が彼女の気持ちを踏みとどまらせたと思っている。

親は毎日練習する彼女の音色にドアの向こうから声かけコメントをしたり、練習の仕方の工夫を助言したりと煩がられていた。だがドアの向こうの音色は、少しずつ確実に生き生きとしてきたし、リヴィングまで響いた音色に家族も「上手になってきているね」などと(親バカ)トークをしていた。(第一、楽器を持って1年半、それまで何の楽器も習ったこともなく、楽譜も読めないマッサラな状態だったことを思うと、弾けることだけで立派!と内心思っている。)

1年生の時に、内輪の発表会直前に焦る彼女に「発表会はソロだから焦る必要はない。それに間違えても誰に迷惑をかけることもない。でもオケは違う。皆で一つの曲を奏でるのだから、練習を怠ってはならない」と言ったことがある。彼女はそれからほぼ毎日練習を欠かさなかった。

9月の発表まであと3カ月、今年から夏休みに合宿も始まる。
考えてみれば、自分の「歌」もそうである。
何か、このオーディションが、新鮮な気持ちを、夏の木陰に爽やかに吹く風のように運んできた。

今日のテーマつながりで、この曲を:
弾く人、編曲(レスピーギ、シャルリエ、千住明など)によって、曲が醸しだす雰囲気が顕著と言ってもよいほど異なる。


by lakeforest | 2010-06-16 11:50 | 音楽

日々のできごとを、訪れた方々と分かち合えたら・・。( 本ブログの文章、データ等の無断転載、使用はおやめください。)


by lakeforest
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る