1212,1,2,3!

前々から気になっていたことがあった。
前々からしたいことがあった。

社会学、社会心理、死生学、宗教学、Spiritualityなどの点から日本社会を見てみたい。あわよくば論じ、何らかの発信をしていきたい。

日本における公共哲学、社会秩序って何だろう?
それがきっかけであった。

そんなものを体系だてて考えていくことが可能のなのか?と思った。

今日は、ひとつ良いアドバイスをもらった。
文化人類学的なものは領域が広すぎる。ならば、まずは人間理解のために、特定領域(専門領域)を深めていくことが必要ではないか・・と。

さすがだ。
発信者、活動家の言うことは違う。(若いのにのぅ・・
今まで迷っていたことをズバリと指摘された。

日本人論を発信していくのではない。それを踏まえたうえで、更なる目標がある。

昨日、テレビでPeter Druckerについてやっていた。
CRSの側面から語られたような気もしたが、現代社会の中での生き方、視座をも語っているように思え、ある種、信望者が増えていることは良いのかもしれないと思った。私は決してドラッカリアンでもないし、昨日の時点ではあまり目新しい考えもなかった。宗教を持っているからかもしれないが、非常に日ごろから思っている当たり前のことを聞いたような感じだった・・・が、何か後押しされた感も否めないのは事実である。

とにかく一歩踏み出してみることにする。
いつまで続くかこの好奇心。
思った時がその時。
足踏みから一歩前へ、気持ちは動いている。
[PR]
by lakeforest | 2010-03-18 21:32 | 価値観

日々のできごとを、訪れた方々と分かち合えたら・・。( 本ブログの文章、データ等の無断転載、使用はおやめください。)


by lakeforest
プロフィールを見る
画像一覧