三方も四方もよし

近江商人の言葉「商いは、買う人、世の中、売る人の三方によいように」という・・これは小学生のころ、授業か道徳か何かで、お買い物やさんごっこのようなものがあり、なるほどなぁ~と思ったことがある。

その時はアイディアや価格設定の側面でしか考えていなかったが、今となっては、CSR(Corporate Social Responsibility)とかSR(Social Responsibility)なんていう横文字の概念にまでつながっているように思う。

これは個人的なレベルでも言えるかもしれないが、近年の教育課程上、欠落しがちな「我慢」をしたことのない人には難しいことである。

そもそも我慢とは語源由来辞典によると、仏教用語の七つの慢心(思いあがりの心)の一つであって、自分に執着することから起こる慢心のことという。カトリックでは、荒野をさまよったイエスの40日を四旬節として節制し、一心に神に自分をよせて回心するという義務があるが、慢心の自分と向き合うこと、つまり内省は大切なことである。

思えば今年1年は、自分のことしか考えていない1年だった。自分のことをしっかりと行う、自分に与えられたものを誠実にこなしていくことが第一であるとも思ったが、次第におごる気持ちも出てきたように思う。

人間関係につまづく人が多いこの時代、私の周りでもこの年頃の精神状態によって人間関係に悩まされている人が多いように思う。私自身、今まであまり人間関係に悩むことはなかったが、色々と考えさせられることがあった。三方よし・・これはバランスの問題でもあるが、次年度の課題としたい。

残すところあと1日で大きな訃報が入った。
今朝、日本で唯一の白柳枢機卿様がご帰天あそばされた。昨年の11月に行われた列福式でのメッセージの中で、自殺の多い日本社会での私たちへの御言葉は、今の自分を動かした言葉の一つであった。様々な機会に枢機卿様のごミサに与ったが、どのお説教も素晴らしいもので、ほんとうに素晴らしい人を亡くしたと残念にも思う。Requiescat in Pace
by lakeforest | 2009-12-30 18:05 | 雑感

日々のできごとを、訪れた方々と分かち合えたら・・。( 本ブログの文章、データ等の無断転載、使用はおやめください。)


by lakeforest
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る