銀週間始まりの音楽

あと3日で本番である。今日は本番前の最後のレッスンだった。今回はC以上の音がなく、一番高くてBなので安心していたら、今日になって不安定要素満載だった。つまり、前段の音があってBに上がる場合は良いのだが、叫びのようにBが突発的に出てきたり、Bをいきなり長く延ばす箇所になると、あまり良い音がでない。浅い感じの音となってしまう。先生がおっしゃるには、狙いすぎるのではないかと。下から上げる要領でOh→AHという感じでだすようにとの確認があった。Simonはレガートできれいに歌えているとほめていただけた。たしかに仏語は何だか支えが足りない気がする。発音ばかり気になっているからだろうか?まぁ今出せる力を思いっきり出そうと思う。

次回レッスンから11月1日のコンサートの曲を始めることとなり、「歌いたい曲は?」と聞いて下さったが「それがないのです」と正直に申し上げ、先生にアドバイスを求めた。Verdiの軽めか、Donizetti、Bellini系かということで、結果的に2幕しか着手していなかったルチアの1幕となった。(心配は歌っているうちに飽きちゃうかも・・というところ)とにかく前進かな。

仏語を口ずさみながらリビングのドアを開けると拙夫がHall&OatesのH2Oなんか聞いている。しかもLPで(笑)。結果的に・・・私の好きな曲をかけてくれた。あと3日なのに、Operaはどこへやら。

まずは大好きなJACOPAS。今日はこの曲。



そして拙夫も(が←こちらが適切)好きなこの人。私は渡米してすぐ、このかたのコンサートに行き、すっかりとりこになった。帰国後、コンサート(↓)に行った夫に向かって「ふふふ私の方が早く生を聴いたもんねぇ」と少し勝ち誇ったかのように言ったのを覚えている。

その彼の行ったコンサートの動画はこちら:



娘が居間に入ってきて、リクエストはGayane。最後はこの曲で〆た(笑)。



我が家の音楽センスって・・・すみません、お付き合いさせてしまって。
でも音楽って本当にいいですね。それでは"サヨなら、サヨなら、左様だな" 皆さま良い夢を。
by lakeforest | 2009-09-18 23:20 | 音楽

日々のできごとを、訪れた方々と分かち合えたら・・。( 本ブログの文章、データ等の無断転載、使用はおやめください。)


by lakeforest
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る